「 シンガポール移住 」一覧

家族でシンガポールに移住したい!でも、生活費は一体いくらかかるのだろう?そんな疑問にお答えします。

家族でシンガポールに移住したい!でも、生活費は一体いくらかかるのだろう?そんな疑問にお答えします。

家族でシンガポールに移住した場合、3人家族で、お子様は日本人幼稚園に通園、2LDKの郊外のコンドミニアムに住んだ場合の1ヶ月にかかる費用についてシュミレーションをしてみました。さて、トータルではいくら掛かるでしょうか?インター校とローカル校の学費の違いやシンガポール人と外国人では、かかる費用が異なる住宅費などについてもご説明しています。

シンガポールで病気になった時、どうしよう!-安心して利用できる日本人医師が常駐している病院のご紹介

シンガポールで病気になった時、どうしよう!-安心して利用できる日本人医師が常駐している病院のご紹介

日本人に人気のシンガポールは生活がとてもし易い国です。でも病気になったときや怪我をした時などは、やはり医師の疎通が取りやすい日本人の医師に見てもらいたいもの。日本人医師が常駐する病院や日本語で診察が受けられる病院の詳細をご紹介しています。

海外移住先にシンガポールが向いている人、いない人。

海外移住先にシンガポールが向いている人、いない人。

日本でも、将来の不安などから海外移住を希望する人が増えているようです。このページでは「シンガポール移住が向いている人」と「向いていない人」についてシンガポールで2004年から日本人のための「会社設立」や「移住」についてサポートさせて頂いているYHFが現地の事情を考慮して、アドバイスさせて頂いています。

節税・投資目的でシンガポールの永住権を取得する方法

節税・投資目的でシンガポールの永住権を取得する方法

節税や資産保全・譲渡などの理由でシンガポールへの移住を考えた時に、どうしたらシンガポールへ移住が出来るのかをご紹介したページです。シンガポール以外の国の移住情報も掲載しています。移住のサポートが必要な方は、シンガポールで2004年から日本人のサポートを続けている、YHFにご連絡下さい。ネットでのお問合わせは24時間受け付けています。

シンガポールに教育移住を考えた時、そのデメリットもしっかり考慮しましょう。

シンガポールに教育移住を考えた時、そのデメリットもしっかり考慮しましょう。

世界でも有数の教育立国であるシンガポール。公立校のレベルの高さはもちろんの事、数多くあるインターナショナルスクールもそれぞれの特徴を活かし他カリキュラムで授業を行っています。このページでは、そんなシンガポールに教育の為の移住をご検討中のあなたへ、教育移住のデメリットを取り上げてみました。シンガポールでお子さんに教育を受けさせたい方は必見です。

シンガポールに教育移住!そのメリットは?

シンガポールに教育移住!そのメリットは?

シンガポールの教育制度がなぜお勧めなのか、お子様の教育目的で移住をご検討中の皆様の為にシンガポールで教育を受けるメリットについて、ご説明しています。英語学習ばかりでは無い、シンガポールへの教育移住。移住に関してのご質問も受け付けています。