世界中の銀行が集まるシンガポール-【シンガポールの商業銀行の種類】

banks

シンガポールにはいったい、いくつの銀行があるのでしょうか?

アジアの中では、香港と並んで金融のハブと言われているシンガポール。
世界中の銀行が、シンガポールに集まってきています。

今回は、プライベート・バンクのご紹介ではなく、
一般の商業銀行について、ご説明をさせて頂きます。

シンガポールの商業銀行

2014 年 3 月時点で、シンガポールには
125 行の外国資本の商業銀行が存在しています。

その中で、シンガポール国内資本の銀行と同じように
フル・バンキングのサービスを提供できるライセンスを
持っている銀行が、28行あります。

因みに、日本の場合をご紹介すると、
外国資本の銀行は53行。
しかも、SBJ(韓国系銀行)を除き、
全て外国銀行の免許で業務を行っています。

外国銀行の免許では、
日本の一般の銀行と同様の業務を行う事はできません。
日本にある外国資本の銀行は、
一般の人には、ほとんど縁のない銀行という事です。

それぞれの国の考え方の違いもありますが、
いかに、日本の金融界が閉ざされたものであるかが想像できます。

シンガポールの銀行の種類

それでは、シンガポールの商業銀行の種類を見ていきましょう。

フルバンク(Full Bank): 銀行法で認められたすべての業務の提供が可能

フル・バンクとはその名の通り、
銀行法で定められた、すべての業務を行う事が出来る銀行を指します。
国内資本のフル・バンクは、支店数やATM機の数の規制も受けません。

【国内資本の銀行】

  • DBS Bank  政府系国内最大手の銀行。ATMの数も最大です。
    個人口座専用のPOSBもDBS資本です。
  • OCBC (華僑銀行:Oversea-Chinese Banking Corporation)
    世界最強の銀行に何度も選ばれたことがあります。
    富裕層を対象とした、Bank of singaporeはOCBC資本です。
  • UOB (ユナイテッド・オーバーシーズ銀行:United Overseas Bank)フルバンクのライセンスを持つ、Far Eastern Bank limitedはUOBの資本下にあります。

上記3行がシンガポールの大手3行です。
これらの銀行の総資産を合計は、シンガポールのGDPの2倍の規模に相当します。

どの銀行も格付けは高く、また、世界の最強銀行のTOP10には常に名前を連ねています。

シンガポールにお住まいになる場合は、
上記のいずれかの銀行に口座を持っていると便利です。

【海外資本の銀行】
28行の外資系銀行が、フル・ライセンスを取得しています。

フル・ライセンスの中には、「フルバンク」と「認定フルバンク(Qualifying full banks:QFB)」の二つのライセンスがあります。
QFBは通常のフル・バンクの上位ライセンス。
シンガポール資本のフル・バンクと全く同じ業務を行う事が出来ます。

外国資本のフル・バンクライセンスを持つ銀行には、
支店やATMの設置数に規制があります。

HSBCやCITIのATMがローカル大手3行に比べて少ないのは、
上記の理由にもよります。

QFBを取得している銀行:
HSBC (香港), Standard Charterd bank(英), シティバンク(米)、 PNB パリバ(仏), メイ・バンク(マレーシア)、中国銀行(中国)、ICBC:中国工商銀行(中国),SBI (インド), ANZ (ニュージーランド*2018年DBS傘下となりました)。
近年、中国資本の銀行が立て続けにQFBのライセンスを取得しています。

通常のフルライセンスを取得している主な銀行は、下記になります。

  • アメリカ合衆国  バンクオブ・アメリカ;JP モルガン
  • 日本 みずほ銀行;東京三菱UFJ銀行;三井住友銀行
  • 香港  BEA(東亜銀行)

その他、中国やマレーシア、インドネシア、インド等の外国資本の銀行がフル・バンクのライセンスを取得しています。

ホールセール・バンク(Wholesale Bank):

ホールセール・バンクは、
シンガポール・ドルによる、リーテル業務は禁止されています。
また、国内の支店数も、1支店のみに制限されています。
56行のホールセール・バンクがあります。

主なホールセール・バンク

  • UBS:スイス
  • ラボバンク:オランダ
  • ロイヤルバンク・オブ・スコットランド:イギリス

オフショア・バンク(Offshore Bank):

最後にご紹介するのは、オフショア・バンクです。
36行の外国銀行がオフショア・バンクのライセンスを取得しています。
名前の通り、オフショアの業務を中心に行っています。
シンガポール・ドル建ての口座開設はできない等、
国内における多くの業務には制限が課せられています。

「世界最強の銀行はどこの国にあるのでしょう?」でご紹介した、
農林中金銀行はシンガポールにおける、オフショア・バンクです。

しかし、こうやって調べていくと、シンガポールには世界中の銀行が集まっている事が、わかります。
今回ご紹介した商業銀行以外に、投資銀行や、駐在員事務所を置く外国の銀行などもあります。

QFBに対する規制緩和などの推移を見ていると、
国内の銀行を保護しながらも、金融の中心地としての地位を築くため、
世界に向けて大きく門戸を開いてきた、
シンガポール政府の政策の一端が垣間見れ、なかなか興味深いです。


当社ではシンガポールヘ進出される企業の皆様、

また移住をお考えの皆様のサポートをさせて頂いております。

当地での移住をご検討中の方は、

シンガポール移住サーポートのページを

そして、会社設立等については、

シンガポールビジネスサポート

も併せてご覧下さい!