シンガポールのアントレパスって一体なんですか?

シンガポール

今回は、前回のブログでご説明することを、
お約束していた”アントレ・パス”について、
のお話です。

シンガポールで外国人が働こうとする場合は、
就労許可が必要となります。

”アントレ・パス”は、就労許可の中の一つの種類なのですが、
これが一般の人には、なかなか分かりにくいパスなのです。
というか、シンガポール人のほとんどは、その存在すら知らないかもしれません。

 

アントレパス以外のシンガポールのビザの種類に関しては、
シンガポールの就労ビザ、EPとSパスの違いとは?のブログをご覧ください。

 

そもそも、”アントレ・パス”とはどんなパスなのでしょう?

アントレ・パスの歴史

はじめに、”アントレ・パス”の歴史と、その背景についてお話しさせて頂きます。

この、”アントレ・パス”というスキームができたのは、2004年。
今から12年前の事です。

それまでは、就労許可と言えば、EP(の中にカテゴリーが数種類)と現場作業員やメイドさんなどに与えられる、ワークパーミットの二つしかありませんでした。

2004年と言えば、初代首相の長男である、
リー・シェンロン氏が第3代首相に就任した年です。

こちらのアントレパス。
2009年に改訂が行われ、更に2013年にも再び改定がなされています。

このスキームができた頃シンガポールは、現在のように世界からそれほど注目を浴びている国ではありませんでした。
国に貢献してくれる、外国からの優秀な外国人を必要としていました。

資金に乏しく、また学歴もない外国人のシンガポールでの起業をサポートするためにこのスキームは作られました。

 

しかし、実際は就労許可を取得。シンガポールには滞在することが目的だけの申請者が現れ、
スキームの見直しの必要が出てきました。

2009年に改訂されたスキームでは、
更新時には
・1年以内に現地フルタイム社員を2名以上雇用する事。
・年間の会社の支出が10万ドル以上ある事
などの条件が加わりました。

さらに、その後の更新では、更なるフルタイムの従業員の増員。
そして、支出の増額が課せられます。

本当にシンガポールで事業を行う人以外は、
たとえ初年度パスを取得できても、更新は到底無理な条件になりました。

この、条件が課せられたからなのか、実質アントレパスでEPを取得しても、
更新ができない人が多くなりました。

 

そうなると、アントレパスの存在理由がなくなります。
そこで、更に2013年に再び改正が行われる事になりました。

 

現在のアントレパス取得の条件です。

2013年度の改正では、今まで名ばかり!だった
アントレパスが本当の意味でのアントレパスとなりました。

どういう意味かと言いますと、
下記の条項が新たに加わったのです。

アントレパスを申請する人は、
下記のうちの一つの条件を必ずクリアしなければいけません。

Your company receives funding or investment from a venture capitalist (VC) or business angel who is accredited by a Singapore Government agency.

*シンガポール政府から、認定されたベンチャーキャピタルあるいは、
ビジネスエンジェルから資金調達を行う事。最低額はS$100,000

Your company holds an intellectual property (IP) that is registered with anapproved national IP institution.

世界IP協会に登録、承認されている、知的資産を保有している事。

 

、下記の二つが残りの条件です。

Your company has an ongoing research collaboration with a research institution recognised by the Agency for Science, Technology and Research (A*STAR) or institutes of higher learning in Singapore.

 

Your company is an incubatee at a Singapore Government-supported incubator.

引用:MOM Eligibility for EntrePassより。

 

こうなると、もうどう考えても一般の人が取得するパスではなくなっていますよね。

 

シンガポールでは、法律が改正されることが頻繁にあります。
無くなってしまう法律だって、結構あります。

 

アントレパスというのは、
きっと政府にとっては、残しておきたいものだったのでしょう。
でも、申請条件を全く今までとは違う物にしてしまった。

 

すごく分かり易いというか、特徴が出ています。

 

という事で、
一般の方々には全く縁のないパスという事がお分かりいただけましたでしょうか?


当社ではシンガポールヘ進出される企業の皆様、

また移住をお考えの皆様のサポートをさせて頂いております。

 

当地での移住をご検討中の方は、

シンガポール移住サーポートのページを

 

そして、会社設立等については、

シンガポールビジネスサポート

も併せてご覧下さい!
 

コメント